エミュレータ機

Simplemenu・Adam image用カスタムテーマ『Simple Quest』を作成しました

エミュレータ機

こういうカスタムテーマがあったらいいなと思って、作ってみました。その名も『Simple Quest』
名前の通りドラゴンクエストのメニュー風テーマです。非常にシンプルなメニュー画面になるので、ミニマル好きな人にもオススメです。

Simplemenu用のカスタムテーマで、Adam imageでも使えます。試しに導入したのはRG280V

スポンサーリンク

プレビュー

▲動画を見てもらうのが一番分かりやすいかな、と思います。カーソルを動かしてゲームを選択する、非常にシンプルなメニュー画面です。

▲解像度640×480の端末でも動きます。

Simple Quest 1

▲コマンドとしてカテゴリが並んでいますが、基本的にはSimplemenuの機能そのままなので上下のカーソル移動です。

▲一通りハードが表示されていますが、データが格納されていない場合はスキップされます。

▲ゲーム一覧はかなり表示幅が狭いので、上記のように、ファイル名が長いと表示しきれないのが難点ではあるけど、一応Simplemenuオリジナルのメニュー画面に合わせた配置にしています。

Simple Quest 2

別バージョンも作りました。ハード選択画面までは同じです。

▲ゲーム選択画面をドラクエの戦闘画面っぽくしました。こちらは画像サイズが小さくなるほか、ゲーム一覧の表示数が少ない。ただドラクエっぽい。

ちなみに左上のHはバッテリーで、Lvはゲーム数?を表しています。

お気に入りを表示すると枠から飛び出るのをなんとかしたいけど、解決方法は分かりません・・・。

ダウンロード

・320×240用

SimpleQuest.zip

・640×480用

SimpleQuest_640x480.rar

※好きに改変して良いですが、二次配布はご遠慮ください
※フォントはGD-DOTFONT-DQを使用しています

インストール

カスタムテーマのインストール

解凍して出てきたSimpleQuestSimpleQuest2フォルダを内部MicroSDの
/media/data/local/home/.simplemenu/themes
に保存。
Adamの場合はthemesフォルダ内の320×240に保存する。

640×480端末(RG350M、RG300Xなど)用のテーマはもう少々お待ち下さい。

Adam imageのインストール
Simplemenuのインストール

あとついでにRG280Vのレビューは以下から。

¥8,999 (2021/07/14 21:22時点 | Amazon調べ)

コメント

  1. たつうる より:

    お世話になっております。
    こちらのサイトを参考にさせて頂き、RG280Vに「Adam image」を入れるとこまでは成功したのですが、

    >解凍して出てきたSimpleQuest・SimpleQuest2フォルダを内部MicroSDの
    >/media/data/local/home/.simplemenu/themes
    >に保存。
    >Adamの場合はthemesフォルダ内の320×240に保存する。

    上記部分が分かりません。

    Adamを入れた内部MicroSDにthemesフォルダがなかった為、フォルダを新規作成し、「>themes>320×240>SimpleQuest」という構成にしたのですが、うまくいきません。

    何か間違っているのでしょうか。

    • y_oshid_ay_oshid_a より:

      Adamを入れた場合、themesフォルダが無いはずは無いので、入れるフォルダが間違っていると思います。
      どのようにして内部microSDに導入していますか?
      USB接続で導入しているのであれば、Home/.simplemenu/themesに有るはずですがどうでしょうか?

      • たつうる より:

        内部SDカードを取り出してUSBカードリーダーで導入しています。
        Adam imageの導入もこちらを参考にさせて頂いたのですが、当方の環境ではImageの書き込みにEtcherを使うとなぜか100%エラーが出るのでWin32Diskimagerで書き込んだこと原因があるのでしょうか。

        Home/.simplemenu/themesといったフォルダ構成が一切ありません。(見えません)
        それ以外は何も異常なく使えています。

        • y_oshid_ay_oshid_a より:

          基本的に内部SDカードの中身は、USBカードリーダーでは見ることはできません。
          というのも、HomeフォルダなどはLinux独自のフォーマットで構成されているので、windowsやmacには対応していません。

          なのでこちらのように、RG280V本体をUSB接続して転送するか、
          もしくは外部SDに転送したあとに本体に内蔵されているアプリのDinguxCommanderで内部SDに移動させる必要があります。

          それでも不可能であれば、ファームウェアの書き込みに原因が有るかと思います。

  2. たつうる より:

    ありがとうございました!
    無事導入完了しました!
    Linuxフォーマットで表示できない理屈は分かっていたのですがDinguxCommanderの存在を知らず…。
    素敵過ぎるテーマでよりRG280Vが可愛くなりました!

    • y_oshid_ay_oshid_a より:

      導入できて良かったです!そこらへんの情報もadamの方に載せておきますね。
      いやぁ、とてもありがたいです。これからもたまにテーマなど作ろうかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました