エミュレータ機

Powkiddy A20では悪しきUIは廃止されているのだろうか?

エミュレータ機

Powkiddy A20というものがもうすぐ発売するとのこと。これはPowkiddy A19(Supretro、もしくはRetroid Pocket無印版)と見た目が大体同じなので、アップグレード版だと考えられます。

私はこのビジュアルが好きで、発売前から何度も購入しようか、どうしようかと思っていたんですが、A19は独自UIの使い勝手がかなり悪いらしく、購入に至りませんでした。なので今度のアップグレード版はどうだろうか?とりあえず出てる情報(噂?)をまとめてみます。

スポンサーリンク

スペック

画面:3.5 inch IPS screen(640×480)
SoC:S905D3 Quad-core A55
RAM:DDR4 2GB
ROM:8GB
システム:Android 9
バッテリー:3000 mAh
寸法:14 x 8.7 x 1.8 cm
重量:185グラム
WIFI・Bluetoothコントローラー対応

基本的なスペックはこんな感じ。SoCで使われているS905D3は据え置きハードのSuperConsoleXProなどに使われているS905Xと同じ系列だが、D3の方が新しいSoCだし、スペックも高いらしい。ソースはこの記事

なのでまぁ64やPSP程度までは普通に遊べそうだけど、それ以上はどうかな、という感じ。

A19とは少し変わったボタンやフォルム

▲Powkiddyのオフィシャル?動画を見てみると分かりますが、スタートセレクトボタンあたりの配置が変わったり、十字キーになっていたり、LRボタンが背面に追加されたりと、より快適にゲームがプレイできるようにアップグレードされているように見える。

▲前モデルだと考えられるPowkiddy A19

個人的には前のモデルのあの四角い感じが良いなと思ってましたけど、やはり皆LRボタンほしいんですね。カラーリングもポップで可愛かったし。

PSPはスムーズに遊べている

▲詳細は動画を見てほしいですが、モンハン3rdが普通に遊べてます。このフォルムやボタン配置で遊びやすいかどうかは置いといて。

気になるのはやはりUI

やはり気になるのはUIですよね。動画ではどんなUIか全くわかりません。

カスタマイズ性が皆無だった前モデルのUIではなく、普通にAndroidが立ち上がり、エミュレータやAndroid用のゲームをインストールすることができれば、それなりに良い端末に仕上がるのでは?と思います。

他にもなにか分かったことや、販売ショップなど分かり次第追記します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました