エミュレータ機

真打ち登場!『Anbernic RG505』情報まとめ

エミュレータ機

Anbernicの正当な後継機とも考えられる『Anbernic RG505』が開発されているようです。勿論Androidベースの端末なので、本気でAndroidゲーム機戦国時代になってきましたね。

※この情報は事前情報なので間違っている可能性があります。また最新情報が上がって気次第、更新します。更新情報はTwitterにて共有するので、良ければフォローしてみてください。

基本スペック

■基本スペック■
システム:Android
画面:4.95インチ(960 × 544)
CPU:Unisoc Tiger T618
RAM:4GB
ストレージ:?
バッテリー:?
寸法:?
重量:?

液晶はRG503同様、Vita液晶が採用されているようなので、有機ELの綺麗な液晶で遊ぶことができそうです。

その上、定番SoCとも言えるT618が搭載されるらしいので、完全にPowkiddy X28と被っています。金額・ビルドクオリティ次第ではPowkiddyの勝利すら考えられますね。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Vita液晶特有の液晶バランス

▲公開された写真を見てみると、RG503やRG353のような特徴的な形状ではなく、四角い形状はこれまでのAnbernicらしいデザインとなっています。

またRG503同様画面上が狭く下側が広い、Vitaと同じような形状のバランスとなっています。これはVita液晶の特徴によるものだと考えられています。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Anbernic史上最大にパワフルなSoC

▲突如Anbernic公式チャンネルから公開されたRG505でのテストプレイ動画。T618だけあり、原神も遊べる性能で有ること動画を見ても分かります。

ヨシダ

より早く最新情報をお届けするTwitter『ヨシダ情報局』やレビューを動画として後悔しているYoutube『ヨシダ・ザ・ムービー』もやっています。レビュー依頼は問い合わせやツイッターDMからどうぞ。

ヨシダをフォローする
スポンサーリンク
yoshidaallarchives
タイトルとURLをコピーしました