オーディオ

【レビュー】おしゃれでコンパクトで高品質で安い!『SuperEQ S2』

オーディオ

前回に引き続きSuperEQのレビューになるんですが、実はS1よりもS2のほうが気になっていました。というのも、可愛くないですか・・・?グリーンとオレンジ配色のヘッドフォン

スポンサーリンク

スペック&主な特徴

Access denied

SuperEQはOneOdioというブランドのBluetoothヘッドフォン。耳に乗せるタイプの、コンパクトで軽量なオンイヤーヘッドホンです。

S1に引き続きサンプルを頂いてレビューします。勿論こちらも技適取得済み。ちゃんとした会社が作っている感有って安心ですよね。実際に技適番号で検索してみても、取得済みなのが確認できます。

対応コーデック:AAC / SBC
周波数応答:20Hz-20KHz(Bluetooth接続時)、16Hz-40KHz(AUXケーブル接続時)
スピーカー最大入力電力: 40mW
スピ一カ一直径:40mm
騒音低減の深さ: 20~25 dB
充電時間:約2.5時間
再生可能時間:最大18時間(ANC+BT) / 最大25時間(BT)/最大45時間(ANC)
Bluetooth範囲:10m
Bluetooth5.0対応

そこまでヘッドフォンに詳しいわけではないので、数値のスペックから詳しいことを言うことは出来ませんが搭載機能で言うと、Bluetooth5.0に対応、アクティブノイズキャンセリング(ANC)に対応しています。

外部音取り込みは搭載されてませんが、まぁオンイヤーヘッドホンですからね。ノイキャンオフにすれば聴こえます。カラーはブラック・オレンジ✕グリーン・ブラック✕グリーンの三種展開。

再生時間はノイキャン+Bluetoothを使って18時間。長いわけではないですが、携帯性を高くコンパクトにしながらもこの時間なので十分な持ちだと思います。

開封&内容物

今回は本体へbe youngの印字が廃止された代わりなのか、箱にでかでかとプリントされてます。oneodioの企業理念なのか?

内容物は本体、収納用袋、有線用ケーブル、充電用USB-Cケーブル、エアプレーンアダプター、説明書類です。

本体外観

デザインはかなりおしゃれでイケてる!

いや、良いですよね。すごく鮮やかで、特徴的な色使い。この写真はちょっと鮮やかすぎますけど。beatsか?ってくらい鮮やか。

おもちゃっぽいと感じるかもしれませんが、サラサラとした上質なプラスチックなのでそこまで安っぽい感じはありません。良く出来てる。

▲be youngはプリントされてません。うんうん、よく分かってるじゃん。

▲金属の部分が伸びてサイズ調整して使えるけど、付けてみた感じだと少し小さめかも。というか私の頭が大きいんですけど。

軽くて携帯性良くてグッド

▲この部分を折りたたむことでコンパクトになります。パキって鳴るから少し不安

▲うん、軽いし小さいしかなり良いのでは?

性能・音質

音質はダイナミックな聴き応え

音質は結構ダイナミックな感じです。オンイヤーヘッドホン特有の、ガツンと耳に入ってくる感じ。けどバランスは悪くないので耳が痛くなる感じもない。なかなか良いのでは?

クリアで音質良く聴こえる〜というよりは、迫力がある感じの聴き応えです。

個人的には結構好みかも。ただオンイヤータイプのため、メガネユーザーの私はずっと使っていると耳が少し痛くなるのが弱点でした。まぁ、この機種に限ったことは無いんですけど。

使い方は直感的で分かりやすい

▲説明書には英語のみの表記でしたが、イラストが大きく入っているので分かりやすいです。

説明書読むまでは、あれ?ボタンどこにあるの?って感じだったんですが、見つけたらこれが結構良い。

▲じつはこの丸い部分がボタンになっていて、上・ANC(ノイキャン)、下・電源ボタン、右音量アップ、左音量ダウンとなってます。

ヘッドホンを付けながらでも押し間違えることはなく、かなり使い勝手が良いボタンになっていて、好印象です。

ANCはクリックするというより、1秒位押す感じで機能します。なので間違ってノイキャンがオンオフされることも無く安心できます。

充電はちゃんとUSB-C

▲充電はUSB-Cで大変ありがたい。Androidユーザーはコードが一つ減って持ち運びに便利ですね。

有線でも使用可能

▲勿論有線接続も可能なので、SWITCHでも使えちゃいます。SWITCHはBluetoothイヤホン使えないですからね。使う方法もあるにはありますけど。

バッテリー持ちは十分

バッテリー持ちはまぁ20時間持つようなので、まぁ普通に十分ですよね。そんな連続で音楽を聴くこともないし。

ノイズキャンセリング機能はオンイヤーにしてはしっかり

▲オンイヤーヘッドホンではありますが、ノイキャンも搭載されています。

ノイキャンは耳を全部覆うオーバーヘッドフォンほど効きませんが、まぁ音楽を聴く際に外部音を遮断して没入感を高められるといった意味で優秀かなと思います。

感想

このヘッドフォンはまず最初に見た目のカラーリングに惹かれましたが、それ以外でも普通に優秀なヘッドフォンでした。コンパクトになって持ち運べるし、軽量だから疲れにくい、そして聴き応えのあるサウンドノイキャンも使えるけど安い。

勿論高級なヘッドフォンには勝ち目はないですが、有線のヘッドフォンと違って断線の恐れもないのでガシガシ使える。昔はよく断線でイヤホンやヘッドフォンを買い換えることが多かったので、ワイヤレスの最大のメリットですよね。

ということで、このヘッドホンは見た目が好き、もしくはオンイヤーヘッドホンを好きな方におすすめです。是非。

購入するには

¥4,299 (2021/08/16 12:46時点 | Amazon調べ)

Amazon用クーポンコード【SKM8Z5E2】を適応すると割引購入できますが、商品ページに表示されるクーポンを使ったほうが安く購入できるかもしれません。

ちなみにその際の価格は¥3,219(2021/08/16現在)でした。非常に安いのでお見逃し無く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました