エミュレータ機レトロゲーム

【レビュー】ハイスペックエミュレータ機として『PlayStation Vita』を使ってみる

エミュレータ機

PlayStation Vitaという端末はもはや 3DS などに比べると PSP と間違える人がいるくらいの存在感の薄さになっています。市場は完全にスマホに乗っ取られました。しかし私はこの端末は結構好きで、携帯ゲーム機の完成形では?くらいに思っています。

実は PlayStation Vita もエミュレーター機として活用することができ、結構個人的には気に入っているので軽くご紹介します。中古にはなりますが、結構安く買えますしね。

スポンサーリンク

PlayStation Vita とは

PlayStation Vita とは2011年に発売したソニーの携帯ゲーム機で、5インチ の液晶ディスプレイを搭載し PSP の倍の解像度、またタッチパネルに対応や背面タッチパネルなどその時代にしてはかなり高性能で優れたゲーム機でした。

しかし今見てみるとスペックとしては現行のスマートフォンなどに比べさほど高くないです。まぁスペックの話はさておき、実際に端末を見てみましょう。

前期モデルと後期モデルの違いは?

PlayStation Vita には PSP などと同様前期モデル後期モデルがあります。もちろん中古市場では後期モデルの方が値段が高いですが前期モデルもなかなか捨てがたい魅力があります。

▲上が前期モデル、下が後期モデルです。

▲上が前期モデル、下が後期モデル。

▲上が前期モデル、下が後期モデル。

前期モデル PCH 1000シリーズについて

有機 EL ディスプレイを搭載しボディは結構硬くしっかりとした、初期の PSPのような感触があります。また当時としては珍しく3G モデルが販売されていて simカードをセットすればどこでも通信が行えるモデルとして販売されていました。

後期モデル PCH 2000シリーズについて

前期モデルから軽量化バッテリーの持ちの改善などが主な変更点です。軽量化のためボディはかなりプラスチッキーな雰囲気になり人によっては安っぽくなったなと感じることがあるかもしれません。

また最大の変更点としては画面が有機 EL ディスプレイではなく通常の液晶ディスプレイへと変更になりました。色味の表現が多少変わり、不満に思った人も多いかもしれません。

比較記事

前期モデルと後期モデルの比較も記事にしてみましたので、どちらが良いか悩んでいる方は是非見てみてください。

使いやすい後期モデル『PCH 2000シリーズ』をメインの仕様について

では今回はなんだかんだ使いやすいというわけで後期モデルをご紹介します。

より使い勝手良く改善された後期モデル!

後期モデルの Vita は基本的には前期モデルと変わりませんが細かな変更点があります。

まずボタンに関してです。基本的な abxy ボタンや十字キーなどは大きな変化はありませんが、スタートセレクトボタンPlayStation ボタンに関してはしっかりと押しやすくなっています。というのも、前期型ではボディに対して飛び出たりしていなく、かなり押し込む必要があったので良くも悪くも押しにくくなっていました。

MicroUSBで充電できるのが便利

また個人的に後期モデルで一番メリットと感じるのが充電です。前期モデルでは独自のコネクターにより充電する必要がありましたが、後期モデルでは一般的に使われているマイクロ USBを使うことができるのでかなり充電しやすくなり便利になったと思います。

いちいち充電器を取り出して充電するのは少し面倒くさいですからね。

▲裏面はこのようになっています。前期モデルと同様背面タッチパネルが搭載されていますがほとんど使うことはありません。カメラもほとんど使いません。

Bluetoothイヤホンが使える!スピーカーも良い!

またPlayStation Vitaを使う上で大きなメリットとして挙げられるのはBluetooth イヤホンが使えることです。Bluetooth という企画はソニーが開発しただけあり PlayStation Vita でワイヤレスイヤホンを使うと他のスマートフォンや PC など Bluetooth が搭載されている端末を使う時よりもかなり遅延が少ないように感じます。

また中華ゲーム機などとは違いかなりスピーカーの音質が良く、より良いゲーム体験をできます。

エミュレータ機としての使い心地

エミュレータによっては少し落ちやすい

本題のエミュレーター機としての使い心地です。 Vita は今となってはほぼ完全にカスタムファームウェアを導入することができマルチエミュレーター「レトロアーチ」を導入することができます。つまり retroarch をインストールすることによって様々なゲーム機器をエミュレーションすることができるようになりエミュレーター機として大活躍します。

しかしたまにアプリが落ちてしまったり不具合が発生することもあるので全盛期の PSP の時のようなどっしりとした安定感があるとは言い切れません。

▲ピクセルパーフェクトでこの表示の大きさ。純正のゲームボーイアドバンスより大きい。

PSPを完全にエミュレーションできる

またそもそも PSP は互換性があり純正で PSP のダウンロードソフト動かすことができます。なのでそのSPEC を生かし、PSP を完全にエミュレーションすることもできます

また PSP が完全にエミュレーションできるので PS 1も同様にプレイすることができます。プレイ方法としては PSP において PS 1をプレイするときと同じ方法ではあるので少し手間はかかりますが、ラグや動かなかったりすることはほとんどないので快適にプレイできます

64もかなり動く!

別記事でインストールや使い勝手を書きましたが、かなりよく動きます。あの中華ゲーム機で頑張って動かしてる感じのレベルではなく、まぁ普通に遊べるくらいには動きます(まぁソフトによりますが)

正直、ここまで動くとは思っていなかったので驚きです。

レトロゲーム専用にカスタムもできる!

Retroflow Launcherというアプリを使うことで、まるでレトロゲーム専用機のように使うこともできます。

中華ゲーム機では得られない高品質な携帯ゲーム機

中華ゲーム機などでプレイするよりもかなり高画質、良いスピーカー、手に対するフィット感、操作性の高さ、そして何より高品質さは、中華ゲーム機では代用できない素晴らしさがあります。

最近は中華ゲーム機もかなり高くなってきていますが PlayStation Vita は中古で購入すると1万以下で購入することができるので携帯ゲーム機が好きな方で持っていない方は1台持っていても損しないゲーム機ではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました