エミュレータ機

【レビュー】今注目ナンバーワンの据え置き型中華ゲーム機『Super console X pro』を手に入れたので試すぞ

エミュレータ機

あまり据え置き型コンソールにはそこまで興味が無かったのですが、なんかすごい注目されてるし、テレビでエミュレータが使える手軽さと、Android TV BOXが気になっていたのでbanggood様にsuper console x proを提供いただきました。

まぁとりあえず感想から言うと、中々使いやすいし、手っ取り早くゲームするには何より安いなって感じです。ただ個人的にはレトロフリークを購入してすぐなので、そんな要らねえかも・・・ってちょっと思ってます。

スポンサーリンク

基本スペック・概要

基本的な特徴は以下になります。

基本スペック
画面:5インチIPS 16:9 (854×480)
CPU:ARM Cortex A53 Amlogic S905X
RAM:1GB
ストレージ:8GB eMMC、外部microSDスロット1つ
WiFi搭載

・CPUはAmlogic S905XでPSPやDCまでスムーズに遊べる
・コントローラー2個付属
・EMUELECとAndroid TV BOXのデュアルブートでカスタマイズ性が高い
・色々と設定済みなのですぐに遊べる
・リモコンが使える

基本的には据え置き型の中華ゲーム機で、EMUELECでグラフィカルなインターフェイスレトロゲームがテレビで遊べる端末という認識で間違いないです。

あとこちらはPROバージョンですが、無印版と何が変わったのかと言うと、スペックが少し上がってAndroid TV BOXが使えるようになり、動画の再生Androidアプリで遊ぶことが出来るようになっています。

開封・内容物:かなりボリューミー

▲このように、xからxproに箱は変更されてません。そんなことよりボコボコの箱が気になりますか?中国便はまぁだいたいこんなもんです。

▲このように、対応端子が書かれています。珍しく有線LANにも対応しています。

▲謎のメモ?付属のSDカード容量ってことでしょうか。

▲内容物はこちら+説明書。本体は小さいですが、色々と入っていてボリューミーです。

本体外観:プラスチッキーだがコンパクトで軽い

▲本体このようなスーファミライクなデザイン。とてもプラスチッキーでチープです。まぁ、安いので…。

▲上部のスイッチみたいなやつは押せません。完全なフェイク

▲サイドにコントローラー接続などに使えるUSB端子が付いてます。あとmicroSD端子。microSDにはemuelec(レトロアーチ)がプリインストールされていて、これを取り外して起動するとTV BOXとして使えます。

▲裏側。左からav端子、有線LAN、hdmi、電源、電源スイッチです。

▲裏側は排熱感強め。頑張ってますが、ファンが付いているわけではないので意味あるのか?って少し思っちゃいましたけど。

内容物をそれぞれ見ていく

なんかすごく丁寧に色々と同封されているので、一つづつ丁寧に見ていきます。

コントローラー

▲コントローラー2つ。軽くてチープですが、まぁ無線コントローラーが2つも付属してきて普通に遊べることを考えると優秀ですかね。

▲付属のコントローラーと本体を比べてみるとこのサイズ感。コントローラーもなんか小さめのものだったりしても良かったかも?なんて。

付属のコントローラーはほぼps3。オリジナリティは皆無だが、よく見たらabxyがxbox配置。

ボタンの感じはすこ〜し緩いかなと思いますが、そこまで嫌な感じはしません。形状のおかげでしょうか?

▲電源などはここにインジケータが有り確認できます。

▲これがコントローラーが入っていた袋。なんか印字されてます。

▲コントローラーの電池蓋はかなり開けにくくて、マイナスドライバーとかカッターとかで開けないとあきません。爪で開けようとすると、多分爪が死にます。ちなみに単4電池。充電池とか仕込んどきましょ

USB拡張ポート

▲これはあれば便利的なUSB拡張ポート。チープ。すぐに壊れそう。

リモコン

▲リモコンは、TVBOX用って感じですかね。めちゃくちゃ本体に向けないと反応しないので、少し使いにくい。

▲稼働は単4電池式です。

電源プラグ

▲電源プラグは変換のやつが別途で付いてきました。すごいゴツくて邪魔。プラグの形状が合えば何でも行けそうですけどね。

実際に接続するには

▲必要なケーブルなど全部接続してみるとこんな感じに結構うるさくなります。

レトロフリークとの比較

▲せっかくなのでレトロフリーク本体と比較写真撮ってみました。

▲レトロフリークの方がスマートですね。プラスチックの質感も、レトロフリークは安っぽいな〜と思っていましたが、スパコンはさらに安っぽい。

EMUELECとTV BOXデュアルブート

▲microSDを入れた状態で起動すると激しい映像と共にemuelecが起動します。

▲MicroSDを外してTVBOXを起動するとこんな感じ。android端末ではあるので、入れようと思えば色々と入れれると思いますが、あんま使えんな〜と思った点がいくつか。

wifiは内蔵されてますが、技適的な問題があるので有線もしくはドングルでカバー

一応wifiが内蔵されています。が、まぁ技適などあるはずも無いので、優先とかで繋げたり、ドングルで繋げちゃうと、アプリのダウンロードやオンラインアップデートなどができるようになるので非常に便利です。

androidのバージョンやROOT権限的に対応していないアプリがいくつか

プリインストールでネットフリックスがインストールされていて、使えるのか?と思いながらアプリをアップデートしようとしたら普通にアップデートできず無理でした。

ほかにも、この端末はデフォルトでroot取得済みだったりするので、インストールできたとしても使えないアプリは多そうです。TVBOXとして使いたい場合、本当に限定的な使い方(メディアプレイヤーや、対応するゲームで遊ぶなど)って感じになるんだと思います。

EMUELECが起動しなくなった場合

色々といじっていたらなんかemuelecが起動しなくなってしまい、あ〜バックアップ取ってねえじゃんどうすんだよ…と悲しみましたが、調べながら進めていたら普通に最新のemuelec4.0をインストールできました。

ニトロさんあたりがすごく丁寧に記事にしてくれているので、分からなかった場合は参考までに。動画は英語ですがこちらとかが結構分かりやすくて良いです。

最新のEMUELEC導入手順

・MicroSDを用意する
https://github.com/EmuELEC/EmuELEC/releases から『EmuELEC-Amlogic.aarch64-4.0-Generic.img.gz』をダウンロード。(沢山あるので間違えないように注意)
RUFUSをダウンロードし、デバイスを用意したMicroSDに設定
・ブートの種類を先ほどダウンロードしたファイルに設定し書き込み
・完了したら出来たEMUELECフォルダ『device_trees』フォルダが出来ていると思うので、その中の『gxl_p212_1g_g9sx.dtb』を頭のEMUELECフォルダに移動して『dtb.img』にリネーム。もともとあったdtb.imgは削除しちゃいましょう。
・完了したらMicroSDを本体に差し込み、起動します。

▲インストールが進んで・・・

▲完了すると最初にボタン設定画面が開き、ポチポチと押していきます。

▲無事、最新のemuelecをインストールできました。で再びpcにmicroSDを差し込むと、romフォルダが現れるので吸い出したものを詰め込んでいき、完成って感じです。

感想:値段を考えると、買っても良いかも

色々といじくり倒していましたが、とにかく言えることは以下2点ですね。

操作感やスペックは、悪くない

ゲームの動きとしては、PSPの重たいゲームなどももたつく事なく普通にサクサク動き、快適です。どのくらいまで動くのかはまだ検証しきれてませんが、まぁそこらの中華ゲーム機よりも強い事はすぐに分かります。

またemuelecなので設定やセーブファイルはRG351などと互換性があり、途中からテレビで遊びたいな〜となってもファイルをコピーすればいいだけなので簡単です。

購入した状態で設定も済んでいて手っ取り早く遊べる据え置き型ゲーム機って感じではありますが、androidやemuelecがそのまま使える事など、使い方は結構自由に(プレイストアだけでなく、apkでアプリをインストールなど)カスタムできるので、色々な使い方を試してみたいな〜って方にもオススメですね。

とにかく安い

レトロフリークやその他エミュレータ機を持ってる人にとっては、持ち腐れる可能性は有ります。gpdwin3ドック付きで購入するとテレビ出力できるし、性能はかなり高いのでgpdwin3一つでなんでもできちゃいます。

ただこちらのSuper Console X proはとにかく安い。gpdwin3の10分の1以下で買えるとなると、とりあえずゲームをしたい人や、ゲームによって端末を分けたい人などにとっては、買う価値はあるかなと思います。

購入するには

海外通販ストア

Super consoleX レトロTVゲーム機 50種以上のエミュレーター対応 家庭用ミニテレビゲーム機 HDMI出力 互換機
PS1、PSP、N64、DCなどの50種以上のシミュレータに対応しています。 ゲームを簡単に追加と削除できます。カードリーダーを使ってパソコンに接続すれば、ゲームデータの追加と削除ができます。同時にWIFIとLANケーブルのネットワークを対応して、オンラインでゲームを追加します。 2つの2.4 g無線コントローラが付属...

タイミングが良ければAmazonでも購入することが出来ますが、少し割高です。
オススメの購入先はWhatsko
クーポンコード『yoshives』を入力することで2%オフで購入できます。

Banggoodはこちらのクーポン利用で安く購入できます。在庫があれば発送も早くて良いサイトです。
Aliexpressでの購入は慣れていればセール時に最安値を狙えます。
値段を比較して購入を検討すると良いと思いますね。

Amazon等国内ストア

¥11,999 (2021/07/14 21:58時点 | Amazon調べ)

Amazonでの購入は現在倉庫発送がほとんど無いので、
購入できたとしても海外から発送されて時間がかかります。
しかしトラブルが有った際に安心ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました