ゲーミングUMPC

PSPライクなWindowsPC『GPD WIN 4』情報まとめ

ゲーミングUMPC

GPD社の最新作、GPD WIN4の情報が出てきましたね。ぱっと見でPSPだ!!!!って声が出ちゃいました。

PSPのようなビジュアルの安価な中華ゲーム機は元々沢山有るので、やはりPSPの人気さを伺えます。

どこらへんがPSPっぽいのか、前作との違い等、気になる点を挙げていきます。

※この情報は事前情報なので間違っている可能性があります。また最新情報が上がって気次第、更新します。更新情報はTwitterにて共有するので、良ければフォローしてみてください。

基本スペック

■基本スペック■
システム:Windows
画面:6インチ(1920 × 1080)
CPU:AMD Ryzen 7 6800U
RAM:?
ストレージ:?MicroSDスロット
バッテリー:?
寸法:?
重量:?

本端末はRyzenを搭載したゲーミングUMPCで、Windowsが搭載されています。価格も従来どおり10万オーバーだと思うので、他のPSP(Vita)ライクな中華ゲーム機と同様に似てると比喩するのは野暮かもしれませんが、デザイン的にはかなりの類似があります。

カラーはホワイトブラックの二種類。

X12 PLUS 7 inch IPS Screen 16GB Built-in 1000+ Classic Games Retro Handheld Game Console Support Video Player
Only US.99, buy best x12 plus 7 inch ips screen 16gb built-in 1000+ classic games retro handheld game console support video player sale online store at whole...

スライド式は継承し、キーボードは物理に

▲本端末は前作のGPD WIN 3と同様にスライド式で、画面を上にスライドするとキーボードが現れます。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

前作のGPD WIN3と大きく違うのは

デザインがVAIO type U風 → PSP/Vita風
画面サイズ5.5インチ→6インチ
タッチ式キーボード→物理キーボード

という点。タッチ式キーボード使いづらいって人は一定数いたと思うので、結構ポイント高いのではないでしょうか。あとはベゼルも薄くなって画面占有率が向上したのも良いポイントです。

PSPライクなデザイン

またデザイン的な類似を言うと、丸みを帯びたカーブやエッジにシルバーのアクセントが付いたフォルムはPSPそのもので、サイズ感、縦幅の大きさ的にはVitaに近いプロポーションって所でしょうか。

なんとなくPS2ポータブル(魔改造PS2)も思い出しました。まぁこちらは明らかにVitaデザインの模倣なんですが・・・。

65347.0¥ 55% OFF|ポータブルアーケードプレーヤーコレクション用7インチips,p/s2マザーボードで変更,シミュレーターではない,ダブルジョイスティックモデル: PS2P 300|コイン式ゲーム| - AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

GPD WIN3より横幅は増え、厚みは同等か

▲Discord内に共有された写真を見るに、GPD WIN3よりも若干横幅が増えている程度。そもそも3は他のゲーミングUMPCに比べてもかなり小さめなので、大きくなってしまった!と心配することは無さそうです。

また横からの写真を見るに、3と同様厚みはかなりありそうなのでその点に関しては留意が必要です。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
ヨシダ

より早く最新情報をお届けするTwitter『ヨシダ情報局』やレビューを動画として後悔しているYoutube『ヨシダ・ザ・ムービー』もやっています。レビュー依頼は問い合わせやツイッターDMからどうぞ。

ヨシダをフォローする
スポンサーリンク
yoshidaallarchives
タイトルとURLをコピーしました