タブレット

【レビュー】Fire HD 10を購入したのでファーストインプレッション

タブレット

タイムセールで魔が差してfire hd 10を購入しました。理由は、ダラダラと動画を流しておくだけのタブレットが欲しかったからです。

最初に簡単に感想を述べると、まぁ満足ですね。

スポンサーリンク

なぜ今Fire HD 10が良いのか

すでにタブレット持っていてかなり満足してるし、完全に要らない買い物だよなぁと思っています分かっています。

が、ダラダラと映像や音楽を流しておくだけのテレビのようなタブレットがどうにも必要だと気付いたからです!映像を流したりしている時に何かを検索したり、他のゲームを開いたりするのに一つのタブレットで行っていると何だかもどかしいんですよね。まぁ、同時に色々なものを開きすぎなんだよって言われればそれまでなんですが。

まぁでもスマートホーム的な?アレクサ的な使い方もしてみたいですし、すでに所持しているfire hd 8だと映像を見るには画面は小さいし解像度も低いので、価値は有ると信じたいです。

アマゾンのタイムセールで5000円オフ、更に5回の分割支払いでも金額が変わらないので一ヶ月2000円程度×5回で購入できました。これは愚か。


ちなみに容量は32gbにしました。+5000円で64gbにできますが、fire シリーズはmicrosdに対応しているので容量にはそこそこ困らないと思ってのことです。

あと、単純に5000円で+32gbは高いよアマゾンさん。マイクロsdの32gbの相場は1000円未満程度だよ?知ってる?アマゾンさん。


開封:薄くて無駄がないパッケージ

でかいAmazonの箱から開けると、姿を現しました。

箱は縦に長いですがかなり薄く、コンパクトです。無駄がない設計って感じで交換を持てます。

裏側にはちょっとした説明が書かれています。まぁ、大体わかっているのでスルーします。

開封していきます。

じゃん!10インチなので思ったよりも結構大きいですね。

内容物は説明書?と電源プラグ、充電ケーブルです。とてもシンプル。

本体外観:分厚いけど可愛いカラーで丈夫そう

今回購入したカラーはブルー。画面側にしていても縁がブルーに見えていて可愛いです。

背面はザラザラとした独特な触感です。結構分厚いですがその質感のおかげでプラスチッキーな感じは少ないです。あとブルーも大人っぽい色で結構お気に入りです。

落としても壊れなさそうな安心感がありますね。

起動、セットアップと復元

電源ボタンを長押しして起動すると、セットアップが始まります。これは指示通りに進んでいくと問題なく完了します。

元々持っていたfire HDが自動でバックアップされていて、インストールしていたアプリなどを復元することができます。

ダウンロード中の画面。なぜかすごく長く終わらないので、スキップして進みました。

ホーム画面の表示

こんな感じです。結構高画質10インチの大きな画面がいい感じです。本当に動画や音楽などを再生しておくのに良い端末って感じです。目的通りの感触。

essential phoneとの比較はこんな感じ。ちなみにfire HDはAndroidベースの独自OSなので、Androidで購入したアプリやゲームなどは使えません。まあ、プライムビデオやネットフリックス、Spotifyなどのアプリはダウンロードできるので問題ないですね。

tverは無いです。残念。

Showモードを試す

画面上から下にスワイプすると、通知バー?ステータスバー?が出ます。そこの上にShowモードが有るので試しにタップしてみます。

Echo Showみたいな画面が現れます。アレクサ!って言って使うモードですね。あまり使い方は良くわかっていませんが、おそらくそのまま置いといて、声をかけて音楽を流したりできる置き時計って感じで使えるモードって事でしょうか。

買うと良い人

amazonプライムやネットフリックスYOUTUBEなど、動画をよく見る人

動画配信を見る分には遅延の問題は無く、快適です。一時期グーグルとアマゾンが揉めていてfireタブレットなどのアマゾン端末ではyoutubeを見ることができませんでしたが、そのゴタゴタも解消されて見れるようになりました。

またその他の配信サービス、Huluやネットフリックスなども見ることが出来るので、サブスクをよく使う人も重宝すると思います。

また補足として、僕はこれまで7インチ8インチ10インチのタブレットを購入し使いましたが、動画を見るにはシンプルに画面は大きいほうが良いと思いました。なので動画再生をメインの目的とする人はfireHD10が良いと思います。

kindle(電子書籍)をよく使っていて、スマホ以外で電子書籍を読みたい人

fireタブレットは自体元々電子書籍リーダーとして生まれたものなので、キンドルで電子書籍を買っている人にとっては快適に見ることが出来るように作られています。

ただ本体容量はそこまで多くないので、漫画など絵の多い書籍を大量に本体に保存しておきたい場合には別個でmicroSDが必要になります。

amazonに貢献したい人

アマゾンに貢献したい人は買いましょう。

買うのを辞めたほうが良い人

タブレットでゲームをしたい人

まずfireHDはゲームをするようなスペックのタブレットじゃないのでゲームがしたい人はやめてください。インストールはできるが、全然動かない!って感じになります。荒野行動とかもアマゾンのストアで配信されていますが、なんで配信されているんだろうと思ってしまいます。レビューを見てみても、全然まともにプレイできないことが分かります。

ネットサーフィンをしたい人

ネットサーフィンもできることには出来ますが、そこまで快適じゃありません。普通にiphoneとか使っている人にとっては、些細な遅れとか、読み込みの遅さとかが気になると思います。

あわよくばgoogle playを入れて、色々な事をやりたいと考えている人

問題はこれです。fireHDはandroidがベースのOSなので非公式にですが、googleplay(androidのストアアプリ)を入れる事ができます。

もともと入っているアマゾンのアプリストアはgoogleplayに比べるとかなりアプリ数が少ないので、安くでめちゃくちゃ使えるタブレットになるじゃん!と思う方は多いかもしれませんが、

オススメしません。

すんごい重くなります

ホーム画面を動かすにも重く、3dゲームのアプリなどは動かないわけではないですが重いし、とても快適とは言えません。

それより最大の問題は全体のインターフェイスが重くなってしまうことです。これがかなりストレスに感じてしまい、結局僕はgoogleplayごとアンインストールしました。

原因としては、アプリの問題と言うよりfireOSがスペックに合わせて最適化されているからとか、そういう問題でしょう。

普通にタブレットでゲームしたりipadのように使いたい人はhuaweiのmediapad mシリーズとかは最低ラインだと思います。

感想:目的通りの使い方が出来るのでとりあえずは満足

感想は満足です。まぁ、家で使うただ動画を垂れ流したりするためのタブレットとして購入したので、それほどの機能や性能は求めていないというのもありますけどね。

ある程度のスペックの高さなので、高解像度のゲームをしたりすることがなければラグが起きることもありません。

動画を流す分には読み込みも解像度も画面の大きさもかなり満足しています。

容量は32gbですがmicroSDで拡張できるのでキンドルの本などデータは外部microSDに収納することでかなり楽しむことができます。安いですからね。

カバーを付ければもっと快適に使うことができそうですが、これ以上分厚くなるのは耐えられそうにないので諦めてスタンドを使います。

ということで、快適な動画生活を送るためのタブレットとして、おすすめです。ゲームを遊んだりしようとすると急にスペック不足な端末になると思うので、用途を決めて購入するようにしましょう。以下に買うといい人、買うのをおすすめしない人をまとめておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました