ゲームレビュー

カワイイ探索アドベンチャー『ジラフとアンニカ』感想

ゲームレビュー

探索3Dアクション&リズムゲームのカワイイアドベンチャー。ストーリーは比較的ベタな展開だったけど、全体的に雰囲気が良かったのでグッドでした。

スポンサーリンク

戦闘なしで探索がメインのゲーム

カワイイ猫耳の主人公アンニカを操作してこの場所は何なのか、夢の中で現れたリサという女性はどこにいるのか、謎の猫耳少年ジラフは何者なのか、という謎解きをしながら進めていく。基本的には探索・ちょいアクション・リズムゲームでボス戦という流れです。エンディング分岐無し。

ジラフとアンニカ / atelier mimina

▲箱庭型の3Dマップを探索するのがメインのゲーム要素で、無駄にたくさんフルーツを食べれたり

ジラフとアンニカ / atelier mimina

▲ソファに座って写真を撮れたり、太鼓を叩いたりできます。

進めていくうちに泳げるようになったり、めっちゃ早く走れるようになったり探索できる要素が増えるのも魅力です。

ジラフとアンニカ / atelier mimina

▲なにか知ってる風のジラフ

スポンサーリンク

ゲームオーバー無しのアクション

ジラフとアンニカ / atelier mimina

▲ダンジョンではこのように敵を避けながら進んでいくだけで、攻撃や即死、ゲームオーバーは基本的に有りません。難易度は終盤を除いて低めだと思います。死んでもすぐ蘇る感じ。

ただそのカワイイキャラクターがダンジョン内では死にゲーのようにやり直しながら進んでいくのが多くて少し可哀想でもありました。

スポンサーリンク

突如始まるリズムゲーム

ジラフとアンニカ / atelier mimina

▲ダンジョンで最後までたどり着くと突如リズムゲームが始まります。このリズムゲームは始まる前に難易度選択をできて、基本的には右・左に移動してボタンを押すだけの簡単なものです。イージーモードを選べばフルコンボで余裕です。

ただ斬新さは特に無く、可愛いキャラクターが踊ってるのを見ながらプレイするだけって感じですね。

スポンサーリンク

触感が少し気になる

様々な要素があって全体的に満足でしたが、戦闘無しの探索がメインの要素なので強いて言うならもっと触感をよく作り込んで欲しかった気がします。動いてるだけで楽しいと思えるような足音の効果音や違和感の無い動きなどの調整があれば大満足でした。まぁ動いてるだけで楽しいんですけどね。

全体的に解像度が高くてクオリティが高いだけに、キャラクターが浮いているに見える動きなど、細かい点が気になってしまいます。

基本的には明るく、あったかい気持ちになるシナリオで、次々と新しい要素が現れて飽きさせないのが魅力。5時間程度で終わるコンパクトなアドベンチャーでした。値段も安いので、3D散策アクションが好きな方はぜひ。

スポンサーリンク

リンク

・公式HP

Giraffe and Annika ジラフとアンニカ公式 ハートフル3Dアドベンチャー+リズムアクション
猫耳少女のアンニカがふしぎな島「スピカ島」を冒険。 美しいグラフィックとコミック風に表現された優しく懐かしい世界観の ハートフル3Dアドベンチャー+リズムアクションゲーム。

・Switch版

ジラフとアンニカ ダウンロード版
任天堂の公式オンラインストア。「ジラフとアンニカ ダウンロード版」の販売ページ。マイニンテンドーストアではNintendo Switch(スイッチ)やゲームソフト、ストア限定、オリジナルの商品を販売しています。
¥1,329 (2021/11/22 10:44時点 | Amazon調べ)

・Steam

Giraffe and Annika on Steam
Lovable, cat-eared Annika sets off on a grand quest on the Island of Spica! 3D adventure & rhythm action genres mesh in the lush, pastoral and beautiful man...

コメント

タイトルとURLをコピーしました