レトロゲーム

GBPのヒューズが飛んだので修理した記録

レトロゲーム

ゲームボーイに限らず、色々とカスタムしていて突然電源付かんくなったこと、ありますよね。だいたいヒューズが飛んでます。多分。ということで、ヒューズを交換して修理しました。結構前ですけど。

スポンサーリンク

極小のヒューズ

GBA・SP用のヒューズですが、GBPでも使えるとの情報を頂いたので某有名な方から購入しました。なんと2つで100円。安すぎ。

▲届いてびっくり。小さすぎやしません?この顔みたいなやつの、目みたいなやつがヒューズ。まじで無くす。

右側がGBPの一部です。笑える。これからこいつを付けなきゃいけないのか・・・とほぼ諦めモードになってしまいましたが、買ったからにはチャレンジ。

ヒューズを交換

▲有志達によると、このD3その右の抵抗みたいなやつがヒューズらしいので、とりあえずD3をハンダを使いながらバリッと外しました。これは外した状態の写真です。ちなみに外したヒューズは破壊してしまいました。

▲こんな感じで載せます。小さくて怖すぎ。

起動しなかったので2つ目のヒューズ交換

起動しませんでした。なのでその隣りにある抵抗みたいなヒューズも交換します。

▲抵抗みたいなヒューズ

▲こんな感じで無理やり繋げました。多分もっとうまくできるひとはできるんだと思いますが・・・。

▲カプトンテープを買ったので、使います。

▲念の為ですが保護しておき、

電源ついた!

▲やりましたよ皆さん

パーツが小さすぎて地獄のように感じてしまいましたが、特に無理なく出来ました。もっと他のヒューズを使う手段もアリそうですが、どこで調達するのか・・・アキバ?って感じなので、とにかく成功してハッピーです。

電源つかなくなって諦めてしまうのはもったいないと思ったのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました