レトロゲーム

ボロボロのシェルをDIYして治安が悪そうなゲームボーイポケットを作った

レトロゲーム

色々とブログのネタは沢山溜まってきては居るんですが、とりあえずあまり書く時間が無いのでとりあえず簡単なものから。ゲームボーイポケットが好きなんですが、中古で買ったものは結構汚れているものが多いです。なので互換のシェルに替えたりしていることが多いんですが、もうどうせなら好きな色に塗ってしまえばよいのでは?と思いたち、実行してみました。

したらなんかものすごく・・・こう、治安が悪い感じにできた、という記事です。

スポンサーリンク

1台目:赤をゴージャスメタルレッドに

▲まずは1台目。このボロッボロな赤いシェルです。もう目も当てられないくらい汚い。黒いの何・・?カビてる・・・?ってか白いのも何・・・?って感じです。歴史を感じますね。きっと白とかならもっとすごい色になっていたんでしょう。

▲とりあえずめちゃくちゃ洗ってヤスリがけしてみました。ヤスリがけしたのは、スプレーが剥がれにくくするためです。必須では有りませんが、気になる方はやっておくと安心かも。

黒い色々とかは結構無くなり、まぁまぁいい感じにきれいになりました。画面縁ももっとキレイにしたかったんですが、ちょっと面倒で諦めました。諦めるなよ。

▲ちなみに忘れてました。電池のところの金具を取り忘れていたので、改めて取ります。裏側からドライバーで押し込めば普通に取れました。簡単簡単。

▲塗装に使うのはこのタミヤスプレーの偏光ピンクゴールド。なんかすごくかっこよくなりそうじゃないですか?いい感じの色になりそうで期待です。

▲これが

▲こうだ!う~ん、なかなか良いのでは?でも結構あれですね。角度によっては普通に赤いシェルに見えます。もっと変わる予定でしたが、まぁ、でもこれくらいで大人っぽくていいかな笑

▲仕上げにはこのトップコートを塗装しました。これを塗ることによって、塗装ハゲがしにくくなるとかならないとか。

▲乾かしたらこんな感じになりました。写真で撮ると本当に分かりにくいですが、当たる光によってキラキラします。素敵だ。

ただ、元々赤いシェルなので、もっと違う色のシェルに吹きかけると、もっと変な色になって楽しかったのかもしれないなと少しだけ後悔しました。

2台目:どこかのブランド品か工場かみたいな色

楽しくなってきたので2台目もやってみることに。

▲今度はこの左側のイエローのシェルを塗装していきます。こちらはさっきのレッドほどは汚れてないですが、結構細かい傷が多いのでやっちゃいます。

▲違う色のスプレーも試してみたかったので、百均へ急いで向かって黒・ゴールド・シルバーのスプレーを買ってきました。この百均のスプレーの耐久性がどうなのかは全く知りませんが、まぁ、やってみましょう。まぁ多分先程と同じようにヤスリがけしてトップコートふればいけるっしょ。

ちなみにこちらはテンションが上がっていて、空も暗くなっていたのでビフォーアフターの写真を撮ってません。すいません。

▲完成後がこちら。う、うお~~~~~~~~~

これは治安が悪くて良いですね。最高。

▲見方によってはヒョウ柄のようにも見えるし、ノイズがかった画面のようにも見えるし、錆びついた工場製品のようにも見える。う~ん治安が悪いですね。

ちなみにこれは下地にシルバー、軽く黒を吹きかけ、軽くゴールドを吹きかけました。最後にトップコートで完了。

▲実際にセットしてみるとこんな感じです。サイドに少し黄色が見えてきてしまうのが少しだけ残念ですが、まぁ概ね満足です。最高じゃないですかね。

ということで、清掃とヤスリがけは少し面倒でしたが、結構簡単にできるので、ボロボロで捨てようと思ってるシェルがある人は試してみるのも最高だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました