レトロゲーム

【RK2020】性能と解像度からみたプレイできるおすすめのゲームハード

レトロゲーム

RK2020は高いスペックでお馴染みですが、遊ぶハードによってはあまり安定しなかったり、解像度の問題で文字や輪郭が潰れてしまって見にくかったり、します。なので色々とプレイしてみたハードの中で、こりゃいいな、と思ったものをご紹介します。

スポンサーリンク

PSPはバッチリ動く

The third birthdayをプレイ

動作:○
解像度:480×272(RK2020:480×320)

まずはこれですね。pspは言わずもがなバキバキにプレイできます。ラグもほとんど起きずに文句なしです。あるとすれば、ちょっとボタン配置の設定に不満ありとかなので、設定次第でなんとかなりそうです。

あと解像度ですが、PSPが横480縦272に対してRK2020は多分?横480縦320なので、ドットも潰れないし、鮮明に見えます。素敵。

解像度がもったいないドリームキャスト

シェンムーをプレイ

動作:○
解像度:640×480(RK2020:480×320)

なんとドリームキャストが動くことに感激します。ゲームボーイアドバンスほどのサイズ感のゲーム機でドリキャスがほぼラグ無しで動く感動はあります。

ただ解像度については、ドリームキャストはVGAボックス使用時に640×480になるハードなのでドットの潰れが強く、もったいない感じがあります。

ゲームボーイアドバンス専用でもいいかも?

ポケモンエメラルドの改造作品、アルタイルをプレイ。

動作:◎
解像度:240×160(RK2020:480×320)

意外かもしれませんが、個人的にはゲームボーイアドバンスも推します。というのも、解像度的にスケールバッチリなんですよね。ちょうど倍のスケールなので、フルスクリーンでもドット崩れは起きないし、比率もバッチリなので微妙な隙間はできないし、しかも画面はかなり大きい。ラグが起きることもないので、ゲームボーイアドバンス専用として考えるのもアリだな、と思いました。

ニンテンドー64は動くけど微妙

スーパーマリオ64をプレイ

動作:△
解像度:256×224 ~ 640×480(RK2020:480×320)

RK2020は64もプレイ出来ます。名作揃いで最高ですね。ただソフトによっては少しラグが生じます。設定からコアを変更することで多少は改善されますが、それでもイマイチだと思いました。アクションゲームじゃなかったら気にならずに遊べるかもしれません。

あと解像度も個人的には納得行きません。わざと解像度を下げて遊んでいるような感覚になります。ps1だと気にならないんですけどね…。不思議です。


以上です。個人的にはゲームボーイアドバンスが最高ですが、スペックの無駄遣い感もあります笑。何をどう遊ぶかはまぁ個人の自由なので、楽しみましょう!そのうち気が向いたら実際のプレイ動画とかも載せようかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました