SWITCH

【SWITCH】操作性とサイズ感が爆上げされるデモンエクスマキナコントローラーを買った

SWITCH

スイッチ用のコントローラーを買い足してしまいました…。前から欲しいと思っていた携帯モード専用のデモンエクスマキナコントローラー(今更)です。

何故購入に至ったかと言うと、リングフィットアドベンチャーを始め、ジョイコンをリングコンから取り外すのが面倒になったので、スイッチ本体に接続しておくコントローラーが欲しいと思ったからです。

ジョイコン買い足せば良いじゃんと思うかもしれませんが、実は現在(2020/06/04時点)ジョイコンの生産終了の影響か、転売の影響かで全然買えない(買えるけど高い)状況なのです。

まぁそれはそうと、感想を細かく写真付きで載せていきます。

スポンサーリンク

開封:説明要らずの簡素な梱包

いざ開放してみます。

箱からいかつい
左右に分かれてちゃんと梱包されています。

梱包は簡素な感じですね。コントローラー本体と説明用紙一枚と言った感じです。

ちなみにこのコントローラーは携帯モード専用の上、ジャイロセンサー、モーションIRカメラ、加速度センサー、プレイヤーランプ、HD振動、おしらせランプ、NFC(近距離無線通信)は搭載されていません。

本体仕様:軽くてデザインは唯一無二

流石のホリ製です。精度高く出来ていて、携帯モード専用だからか、かなり軽いです。デザインはまぁゲーミングPCみたいなデザインで、良くも悪くもといった感じですが、まぁ他のジョイコンには無いデザインと言った点で群を抜いているんじゃないでしょうか。

本体
Switch本体との接続部

Switch本体との接続部を見てみると、一応ジョイコンと同様の作りになっているけれど、おすそ分けプレイもできないのでSR・SLは押せなくなっている。無駄なくぼみが出来ている。プレイヤーランプは付かないし多分リセットボタンも使わない

裏側。ザラザラとしたエンボスのような加工がされていて、滑りにくくなっています。

あと謎のFR・FLボタンが付いています。デモンエクスマキナ専用のボタンかな…?と思っていましたが、実はこれはアサインボタンで、標準搭載されているボタンを割り当てることが出来ます。う~ん便利。

右側
左側

ボタンは通常のジョイコンと同様のものに加え、ホームボタンの下にASSIGNボタンTURBOボタンが付いている。ホリ製のコントローラーを持っている人は分かると思うが、ターボは連射機能、アサインは先程も述べたように背面ボタン割り当て用のボタン。

R・ZRの隣には謎の突起が。おそらく置いたときに安定させるための突起かな?ちなみに装着したらスイッチ本体のみで自立させることはできません。

操作感:軽くて操作しやすくて抜群だけどでかい

操作感は抜群です。やはり安定流石のホリ、ボタンも押しやすくボタン配置も完璧。プラス・マイナスボタンもシリコンのようなものに変更されていて、かなり押しやすくなっています。

Switch着用後

ただ、でかい。とにかくでかい。あまりにボリューミーなってしまったので、最初は結構萎えてしまいました。まるで据え置きゲーム機を持ち運んでいるような(実際そうなのですが)コンパクトさゼロの激しくヘヴィーなボディ。

元々のジョイコンやプロコンと比較してもこの大きさ。何ならプロコンより大きく見えます。

手に持つとこの大きさ。でかいし横に長い。

ドックに差し込んでもこのボリューム。で・・・でかい・・・

背面はこんな感じ。

感想:でかくてビビるけど、実際に使ってみるとめちゃくちゃ操作性が良くて嬉しい

本当におおきくてビビりました。とんでもないものを買ってしまった…とまで思いましたが、実際にちょっと使ってみるとなんだこりゃ、操作性抜群です。しかもグリップ性が強いので持ちやすく、ジョイコンで使っている時よりSwitch本体が重く感じにくいです。

既存のジョイコンがいかに操作しにくいかと思ってしまいました。しかしコンパクトさを失い、既存のジョイコンがいかに上手く設計されているかとも思いました。

コンパクトさ操作性のどっちを取るか、という問題だと思いますが、僕は別に持ち歩く必要が無いので結構満足な品でした。もっと早く買えばよかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました