SWITCH

【SWITCH】Joy-Conのスティックを修理ついでに外装も変更したので、感想や注意事項など

SWITCH

switchのコントローラ、ジョイコンにはスティックが勝手に動く「ジョイコンドリフト」という現象が起きやすくなっています。

「Nintendo SwitchのJoy-Conスティックが勝手に動く」無償修理か – ライブドアニュース

僕もなってしまい、超萎えてしまっていたのですが、任天堂に修理に送って二週間くらい待って2000円払ってってやるのは結構癪なので、修理パーツを購入して実際に修理+どうせ分解するなら外装も変更してやろうと思い、実際に様々な修理動画を見たりしながら修理を行いました。

スポンサーリンク

購入したものはアナログスティックとジョイコン外装

上記の2つを購入しました。ドライバーやピンセットなど修理道具は全てセットに含まれているもので修理を行いましたが、ネジも外しやすく、案外何の問題も無く使えました。

やってみるまでは少し不安でしたが、多分スイッチではそこまでネジを固く締められていないんだと思います。PSPの時はネジが外れなくてネジ穴を潰した記憶が有ります。

左がアナログスティックの修理キットで右がジョイコンの外装
これはアナログスティックの一式。分解に必要な道具が揃っている。
こちらはジョイコンの外装。施工精度は少し気になるが、まぁまぁよくできている。

完成後の感想は、サイコーの一言

交換後、本体装着時
交換後、単独コントローラーとして使用時

かっこいい。よだれが出ます。

無事に修理は完了し、ジョイコンの不具合も治りましたが、正直色々と失敗しています。ゲーム機の分解をしたのは、PSPとかが最後なので、精密度というか、細かさが段違いでレベルアップしていて震えながらやっていました。

普段からやらない人にとっては普通に高難易度です。

色々失敗したので健忘録的に書き記しておきます。やろうとしている人は参考にしてください。

注意事項

プラスチックなので締めすぎるとボタンが押せなくなる

これは割と定番のミスかもしれません。プラスチックなので結構いくらでも締めれます。締めすぎに注意。緩めることで解決しますが、最悪基盤破壊してしまうので、本当に気をつけよう

締めすぎて小さすぎるネジのヘッドが取れました

ジョイコン左下の部分のネジ。お分かり頂けただろうか…

裏側になりますが、隙間が開かないようにしっかり締めようとしていたらネジの頭の部分がポロっと取れてしまいました。大きく支障は有りませんが、ちょっとだけ隙間が空いてしまったので気になります。。。

頑張って潰れたネジを取ろうにも、ネジ頭が無いのでどうしようも無い。とほほです。

ぴったり締まらないと、どこか何か引っかかっている可能性が高い

何かちょっと隙間がなくならないけど精度の問題かな…と思っていたら、ジョイコンの本体取り外しボタンの設置が上手く行っていませんでした。直したら結構ぴったりめになったので、締まらなかったら確認するようにしよう。

ちなみに僕はプラスボタンがずれていました。気付いてよかった…。

ジョイコンの片方が出来て余裕が出来たので、何も見ずに進めた結果ネジが一つ余った

片方のジョイコンの外装変更が完成し、もう片方は調子に乗って動画も見ずに適当にやってみたら、ネジが余りました。他のミスはなにもないのですが、これは一体何のネジなのか、真相は藪の中です。

Lボタンのバネが消えた

ZL、ZRのバネが無くしやすいらしいので注意しながら行っていましたが、Lボタンのバネを無くしていました。気付いたのは左のジョイコンをやった後、右のジョイコンを変えている途中でした。

Rボタンにもバネ付いてるやん!って。バネがないおかげでちょっとだけ操作感が変ですが、まぁ操作上大きく問題はありません。なんか気になるだけです。その些細な気になりがプレイに大きく支障をきたすのですが。

左のジョイコンを十字キーのやつにしたけど、普通にボタンのほうが良いかも

なんか押しにくい感じがします。入力の基盤自体はボタンのジョイコンなのでぷちぷちした感じであるものを、無理やり十字にしているのでなんか重たいです。

普通にボタンのやつも有るので、そっちをおすすめします。


以上です。switchは超精密なんで、集中して、かなり注意しながらやるようにしましょう。ジョイコン自体買うと高いし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました